労働基準法で15歳は20時までしか働けない!?


労働基準法で15歳の労働(勤務)制限が定められています。

その15歳の労働(勤務)制限で20時までしか働けないのでしょうか?

 

今回の記事では、労働基準法とは?や、労働基準法の15歳未満の労働(勤務)制限とは?

そして、労働基準法では15歳は20時までしか働けない⁉について調べていきます。

高校生になってアルバイトを考えてる人も

推しのテレビ出演が気になる人も

 

最後までお読みいただくと嬉しいです。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク

●労働基準法とは?

 

労働基準法とは一体どんなものなのでしょうか?

よく耳にはしますね。

この労働基準法、一言で言ってしまうと

 

労働者が人並の生活を営むために、最低限必要な労働条件

 

ということです。

それには賃金、労働時間、休憩、休日や有休休暇等々があります。

これらが労働基準法で細かに定められているというわけですね。

その労働基準法の中に、15歳未満の労働(勤務)の制限もあります。

次は15歳未満の労働(勤務)の制限を見ていきます。

 

以上が、労働基準法とは?についてでした。

 

 


●労働基準法の15歳未満の労働(勤務)制限とは?

 

労働基準法の15歳未満の労働(勤務)制限を調べていきます。

原則として、労働基準法で満15歳に達した日以後の最初の3月31日までは、労働(勤務)させてはいけないと制限されています。

 

わかりやすくいうと、満15歳に達するのは中学3年生です。

中学を卒業する3月までは15歳未満扱い。

中学生までは労働(勤務)させてはいけないという制限があるということです。

あれ?4月1日で15歳という人もいますね。

この場合は、中学を卒業したということで考えていいのかもしれません。

もちろん特例もあり、行政官庁の許可があれば15歳未満でも労働(勤務)制限はこの限りではありません。

 

芸能人などがその例ということですね。

 

以上が、労働基準法の15歳未満の労働(勤務)制限とは?についてでした。

 

●労働基準法では15歳は20時までしか働けない⁉

 

労働基準法では15歳は20時までしか働けないのでしょうか?

15歳が20時までしか働けないという労働基準法があるのか調べてみました。

調べた結果、15歳が20時までしか働けないという労働基準法があるのは本当でした。

もっと言うと、15歳は20時(午後8時)から午前5時までの労働が禁止されています。

ただし、厚生労働大臣が認める場合は21時(午後9時)から午前6時まで禁止となってきます。

俳優業子役がそれに当たります。

 

 

しかし、これについても当分の間という表現になっています。

 

以上が、労働基準法では15歳は20時までしか働けない⁉についてでした。

 

 

●労働基準法で15歳は20時までしか働けないのまとめ

 

労働基準法で15歳は20時までしか働けない⁉についてのまとめです。

‣労働基準法とは最低限必要な労働条件

‣15歳未満(中学を卒業するまで)労働(勤務)禁止

‣行政官庁の許可があればその限りではない(子役等)

‣15歳未満は午後8時(20時)から午前5時の労働禁止

‣厚生大臣が許可すれば午後9時から午前6時となる(子役等)

 

以上が、労働基準法で15歳は20時までしか働けないのまとめでした。

 

15歳未満の労働としてわかりやすい例は、最近では『パプリカ』を歌ったフーリンですね。

フーリン画像(朝日DIGITALより出典)

NHK紅白歌合戦では一番最初に歌い、レコード大賞の受賞シーンでは電話対応とVTR出演となりました。

古い話で言うと、ザ‣ベストテンでの伊藤つかささんでした。

ザ‣ベストテンは21時からだったので、まだ中学生だった伊藤つかささんは
労働基準法により、生出演ができなかったことを覚えています。

 

芸能人は特別ではありますが、このルールはずっとあってほしいとは思います。

 


厚生労働省HPより
https://www.mhlw.go.jp/index.html

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする