令和おじさん『菅官房長官』が話題!経歴に横浜市議会議員時代!

5月1日から令和です。

平成から令和へのチェンジ
まさに歴史的瞬間です。

何が変わるって?
少なくとも、私たちの意識が変わります。

令和開始から、何かを始めようと考えてる人もいるのではないでしょうか?

そんな新元号の令和を発表した、菅官房長官(菅義偉)が令和おじさんとして話題になっています。

思わず微笑んでしまいます。

今回の記事では、菅官房長官(菅義偉)のプロフィールや、経歴に横浜市議会議員時代があった

そして菅官房長官(菅義偉)が『令和おじさん』と話題について調べていきます。

菅官房長官(菅義偉)の令和発表を見ていた人も

菅官房長官(菅義偉)がかわいいと思う人も

最後までお読みいただくと嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク

●菅義偉(菅官房長官)プロフィール

名 前    菅義偉(すが よしひで)
生年月日   1948年12月6日(70歳)※2019年4月
出身地    秋田県湯沢市
学 歴    法政大学法学部政治学科卒業
前 職    段ボール工場作業員等・横浜市会議員等
現 職    衆議院議員・内閣官房長官・沖縄基地負担額軽減担当大臣・拉致問題担当大臣
所属政党   自由民主党

秋田県立湯沢高校の進学組に在籍していたが、卒業後は集団就職で上京しました。

「東京へ行けば何かが変わる」

そう信じていたのです。

しかし、秋田時代と何ら変わりのない日々を、板橋区の段ボール工場で過ごしていました。

そして上京から2年後、法政大学法学部政治学科へと進学をします。

法政大学を選んだのは、私立の中でいちばん学費が安かったという理由からでした。

以上が、菅官房長官(菅義偉)のプロフィールについてでした。

菅官房長官(菅義偉)に、そんな経歴があったなんて…。

苦労人だったのですね。

菅義偉Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/菅義偉

●菅官房長官(菅義偉)の経歴に横浜市議会議員時代

菅官房長官(菅義偉)の経歴には、横浜市議会議員時代があります。

法政大学も法学部政治学科ですから、政治家を目指していたのは一目瞭然ですね。

卒業後は一般企業(現:株式会社ケーネス)に入社という経歴もあります。

政治家を目指していた菅官房長官(菅義偉)は法政大学OB会事務局長に相談し、法政大学出身である(第57代衆議院議長)中村梅吉秘書を紹介されるのです。

その紹介から衆議院議員小此木彦三郎氏の秘書となります。

1987年には横浜市議会議員に出馬し、初当選となるのです。

結果、横浜市議会議員を2期務めることとなるのですが、元々横浜市政に大きな影響力を持っていた小此木彦三郎氏。

そして、その秘書を11年務めていた経歴のある菅官房長官(菅義偉)。

小此木彦三郎氏逝去後、実質上の代役となります。

当時の横浜市市長(高秀秀信氏)から頻繁に相談を受ける等もあり、『影の横浜市長』と呼ばれていたのです。

これは小此木彦三郎氏の秘書時代に培った人脈もですが、菅官房長官(菅義偉)の政治の才覚だと思います。

決して、ストレートに横浜市議会議員まできたわけではありません。
いろいろな経歴からの経験、そして実績と才覚。

どうりで安定感があるわけですね。

以上が、菅官房長官(菅義偉)の経歴に横浜市議会議員時代!についてでした。

菅義偉Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/菅義偉

●菅官房長官(菅義偉)が令和おじさんと話題

菅官房長官(菅義偉)が『令和おじさん』と呼ばれているといいます。

理由は皆さんご存知の通り、4月1日の新元号発表の際、菅官房長官(菅義偉)が令和の文字を披露したからですね。

これは発表前に見えないように、練習に練習を重ねたとのことです。

かなりの厳戒態勢でしたから、さぞかし神経を使ったと思います。

そのイメージが広がって、菅官房長官(菅義偉)は『令和おじさん』との愛称をいただいというわけです。

4月28日(土)、『令和おじさん』こと菅官房長官(菅義偉)は、千葉幕張メッセで開催されている「ニコニコ超会議2019」の「超平成・超令和ブース」を訪れたのです。

ヤフーニュースより出典

菅官房長官の姿を見た人たちが

「本物だ!」

等と驚きの声が飛び交ったとのことです。

実は、菅官房長官(菅義偉)は新元号発表以来、ネット上で『令和おじさん』と話題になっているのです。

いいですね、トレンド入り。

ちょっとしたアイドルです。

その反響に顔を赤らめ照れる菅官房長官(菅義偉)だったのですが、世間から令和を受け入れてもらえてることに感謝を示しています。

今までテレビで観る菅官房長官(菅義偉)は、近寄りがたいイメージでした。

隙がないというか、いつも冷静沈着で、まさに政治家という感じです。

それが、まさか『令和おじさん』と呼ばれるなんて!

こころなしか、肌ツヤツヤです。

満面の笑みですしね。

これをきっかけに少しでも、難しそうな政治というものに近付けると嬉しいですね。

でも令和おじさんも、普通の人(失礼)だということがわかって親近感がわいてきました。

以上が、菅官房長官(菅義偉)が令和おじさんと話題!についてでした。

ヤフーニュースより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-04280354-nksports-soci

●平成から令和へ

もうすぐ令和ですね。

未来的な愛称のついた菅官房長官(菅義偉)。

そしてただ真面目で固いだけの人ではなく、かわいらしい一面も垣間見れた菅官房長官(菅義偉)。

ますます、着いていきたくなりました。

でもまだまだ引き出しはいっぱい持ってそうですね。

2019年5月1日からの令和。

ぜひ、令和おじさんの見たことのない側面を見ていきたいですね。
平成から令和に掛けて話題になるなんて!

菅官房長官(菅義偉)は、きっと光栄でしょうね。

そして、5月1日を日本で迎える人も

海外で迎える人も

この瞬間を噛みしめましょう!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする