恩赦の意味をわかりやすく説明!対象内容とは?2019年はいつ?

10月22日(火)は即位礼正殿の儀(即位の礼)

ということで、2019年限定で祝日となります!

やったー!

というお話は置いといて

私が新聞等で気になっていた
恩赦

今回の即位正殿の儀に伴い、恩赦の実施検討を本格化させるというのです。

今回の記事では、恩赦をわかりやすく説明や、恩赦はなぜある?

そして恩赦2019年はいつ?や対象内容について調べていきます。

恩赦の対象内容が気になる人も

恩赦がいつなのかと思う人も

最後までお読みいただくと嬉しいです。

産経ニュースより
https://www.sankei.com/affairs/news/190502/afr1905020015-n1.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク

●恩赦の意味をわかりやすく説明!

恩赦とは、一体何なのでしょうか?

恩赦の意味をわかりやすく、できるだけ簡単にまとめてみました。

恩赦の意味をわかりやすく説明!
行政権により国家の刑罰権の消滅、もしくは軽減させる制度。

つまり、わかりやすく簡単に説明すると、

罪を赦す

という意味になります。

これはありがたいと思う人

そして赦しがたいと思う人がでてきそうです。

この『ゆるす』
という漢字ですが

赦す許すがあります。

許すだと許可する

そして、赦すだと間違いや過ちを赦すという、慈悲の意味合いがあります。

恩赦の意味をわかりやすく説明してみましたが、なんとなく伝わったでしょうか?

ではこの恩赦、なぜあるのかという疑問が出てきたと思います。

(これは次の項で)

以上が、恩赦の意味をわかりやすく説明!についてでした。

恩赦Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/恩赦

●恩赦はなぜある?

先ほど恩赦の意味を書いてみました。

ではなぜ?

ここで生まれた疑問の、恩赦がなぜあるのか調べてみました。

恩赦はなぜある?

恩赦がなぜあるのか、やはりいちばんの理由は

社会復帰、更生

もちろん、その恩赦に値するには厳格な判断が必要です。

その後の反省や態度、そして再犯の可能性がない

恩赦がなぜあるのか?

他にも冤罪(誤判)等の救済のための恩赦もありますが、個人的にはここが最大の理由だと思っています。

以上が、恩赦はなぜ?あるのかについてでした。

●恩赦2019年はいつ?

冒頭に既に少し書きましたが、恩赦2019年はいつなのでしょうか?

恩赦2019年はいつについて更に調べてみました。

恩赦2019年はいつ?

2019年の恩赦がいつなのかというと

2019年10月22日(火)
即位礼正殿の儀(即位の礼)

平成から令和へ

天皇陛下即位に伴い恩赦実施予定となっています。

これは平成5年の陛下と皇后さまのご結婚以来で、26年ぶりです。

以上が、恩赦2019年はいつ?についてでした。

●2019年恩赦の対象内容は?

2019年恩赦の対象内容はどのようになっているのでしょうか?

2019年恩赦の対象内容について調べてみました。

2019年恩赦対象内容

恩赦の対象内容は軽微なハンザイのみ小規模とされるようですが、この軽微の基準も曖昧な気が…。

前例の恩赦の対象内容を見ると、選挙法違反者や道路交通方違反者等が99%を占めているということから、これらが対象になる可能性が高いかと思います。

以上が、恩赦2019年の対象内容は?についてでした。

●恩赦まとめ

恩赦のまとめです。

・恩赦の意味をわかりやすく説明すると『罪を赦す』

・恩赦は社会復帰や更生が目的(※個人的意見含む)

・冤罪救済などもある

・恩赦2019年は10月22日(火)即位礼正殿の儀(即位の礼)

・対象内容は軽微なハンザイとされる

・小規模とされる

・前例から恩赦の対象は道路交通法違反や選挙法違反者が99%

以上が恩赦のまとめとなります。

前回の天皇陛下のご結婚の際の恩赦ですが、数としては1,277人でした。

今回は小規模ということで、更に少ないのか?

今まででいちばん多かったのが、平成元年の『昭和天皇ご大喪』(たいそう)の際の約1,017万人

今までの比較になるのかは不明ですが、社会復帰や更生ということを願うなら、できるだけ希望の光が当たると良いと思っています。

もちろん、厳格な判断の下でお願いします。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする