槙野智章の筋肉がすごい!菊地亜美との関係は?

2018ワールドカップ、日本決勝トーナメント進出おめでとう!

私は仕事で帰りが遅くなり、ポーランド戦の最初の方は帰宅の車の中でテレビの音声を聞いていました。

ポーランド戦では、後半のパス回しに賛否両論はあるとは思いますが、これは日本の考えがあってのことだと信じています。

そして今回の記事は、2018ワールドカップ初出場を果たした槙野智章さんについて書いていきたいと思います。

槙野智章さんは2010年に日本代表に選ばれてから8年、悲願の2018ワールドカップ出場となり、喜びも感慨深いものがあったのではないでしょうか?

槙野智章さんインスタグラムより出典

そんな槙野智章さんの2018ワールドカップ初出場という結果の元には、筋肉改造にあったとも言われています。

今回の記事では槙野智章さんのプロフィールや筋肉がスゴイ!フィジカルとは?についてや、菊地亜美さんとの関係を書いていきたいと思います。

それではポーランド戦はしっかりテレビの前でスタンバっていた人も、仕事でリアルタイムで観れなかった人も、最後までお読みいただくと嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク

●槙野智章さんのプロフィール

名 前    槙野智章(まきのともあき)

愛 称    マッキー、マキ、トモジ等

出身地    広島県広島市西区

生年月日   1987年5月11日(31歳)※2018年6月現在

身 長    182cm

体 重    77㎏

在籍チーム  浦和レッズ

ポジション  DF

背番号    5

利き足    右足

そしてもうひとつ付け加えるならば、配偶者の欄に高梨臨さんと付け加えますね。

槙野智章さんWikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/槙野智章

●槙野智章の筋肉がスゴイ!フィジカルとは?

槙野智章さんの努力に肉体改造があります。

そして槙野智章さんの関連ワードとして、筋肉と言うワードもがあるのは槙野智章さんのスゴイ筋肉が有名だからですね。

確かに槙野智章さんのインスタグラムには、トレーニングする姿の写真がよく載っていますね。

また、なぜそんなに筋肉がついているのかの質問に、槙野智章さんはこう答えました。

「DFだから」

やはり海外の選手の体格は大きくて筋肉ガッツリの人が多いので、槙野智章さんはフィジカルの面でも鍛え上げようという考えがあってのことだったんですね。

今回の2018ワールドカップを観てて思ったのですが、よく出てくる言葉に『フィジカル』というのが気になっていました。

『フィジカル』の意味を調べてみると、肉体的、身体的という意味になります。
対義語として『メンタル』が使われるとあります。

でもどのスポーツにもこの『フィジカル』『メンタル』は両方必要ですよね。

メンタルが負けると、全てに負けると言っても過言ではないと思います。

そして、『フィジカル』を鍛えると鋼の『メンタル』になることも確かですね。

槙野智章さんは『フィジカル』を鍛えて筋肉がスゴイことになり、同時に『メンタル』も鍛えることもできたのですね。

以上が槙野智章さんの筋肉がスゴイ!についてでした。

槙野智章さんインスタグラムより出典

コトバンクより引用
https://kotobank.jp/word/フィジカル-615483

●槙野智章さんと菊地亜美さんとの関係は?

槙野智章さんと菊地亜美さんは、とても仲が良いという情報があります。

聞き捨てならぬと思い、槙野智章さんと菊地亜美さんの関係を調べてみました。

調べた結果、槙野智章さんと菊地亜美さんは普通に仲良しでした。

菊地亜美さんによると、昔から仲が良いということで一緒に遊んだり食事をしたりとしているようです。

もちろん槙野智章さんと菊地亜美さんは、仲良しと言ってもたくさんの友達の中の一人としてで、遊んだり食事をしたりするのも多人数の友達との行動ですので、ご心配なく!

今では槙野智章さんと菊地亜美さんは、それぞれご結婚されていますしね。

とにかくお2人とも交友関係が広いみたいです。

以上が、槙野智章さんと菊地亜美さんの関係は?についてでした。

菊地亜美さんのインスタグラムより出典

https://www.instagram.com/p/BV3xIxvn67p/?utm_source=ig_embed

●槙野智章さんの名前を初めて知りました

実は槙野智章さんの顔と髪型は知っていたのですが、お名前を存じ上げませんでした。

高梨臨さんとご結婚されたということと、水沢アリーさんの元カレという情報でピンときました。

プライベートは華やかなようみえましたが、メインのサッカー選手としてどういう方なのか?

とても苦労と悔しい思いをされていたことがわかり、またひとつ勉強になりました。

ワールドカップのような晴れ舞台、きっとサッカー選手としては憧れの場所ではないかと思っています。

そしてスポーツ選手としての難しさというのも知りました。

ただ実力があるだけではいけない、プラスαが求められる厳しい世界。

そのプラスαを見つけ出し、それを自分自身の武器にしなくてはいけない…。

それが成し遂げられ、尚且つ選ばれし者だけが晴れ舞台に立てる。

2018ワールドカップ、優勝!

そう願うのは、私だけではないと思っています。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする