近藤サトが眼瞼下垂手術を受けていた!グレイヘアで解放される生き方!


年齢と共に下がってくるものの中に瞼があります。

なぜか瞼が落ちくぼみ、目が開けにくくなってきます。

そしてどうしても老けた印象になってしまいますね。

もちろん、美醜的な影響だけではなく体の不調にも繋がるのが眼瞼下垂なのです。

最近グレイヘアで話題の近藤サトさんも、眼瞼下垂手術を受けていたとのことで、今回の記事では、近藤サトのプロフィールや近藤サトが眼瞼下垂手術を受けていた!

そして近藤サトはグレイヘアで解放される生き方!について調べていきます。

グレイヘアは素敵だわ思う人も

グレイヘアにするには、まだ勇気が持てないという人も

最後までお読みいただくと嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク

●近藤サトプロフィール

本 名     今岡サト

出身地     岐阜県土岐市

生年月日    1968年7月11日(50歳)※2018年11月現在

血液型     B型

学 歴     日本大学藝術学部放送学科卒業

所属事務所   ベルベットオフィス

職 歴     元フジテレビアナウンサー

活動期間    1991年~

現在では母校の日本大学藝術学部放送学科で、アナウンス実習等の非常勤の教授を務められています。

後輩の指導をされているということで、近藤サトさんに指導していただきたくて入学する人もいらっしゃるでしょうね。

以上が、近藤サトさんのプロフィールについてでした。

近藤サトWikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/近藤サト

●近藤サトが眼瞼下垂手術を受けていた!

近藤サトさんが、左目のみ眼瞼下垂出術を受けたとのネットニュースを拝読しました。

左目の瞼が下がり、開きが悪かったのが理由とのこと。

近藤サトさんが受けた眼瞼下垂手術とは一体どんなものなのでしょうか?

こちらも調べてみました。

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、瞼が下がってしまい瞼の力では目が完全に開けられなくなることを言います。

症状の度合いもありますが、瞼の力で目が開けられないため額の筋肉を使って開けることになります。

これは先天性のものと後天性のものがあり、後天性の場合、加齢による瞼の下垂等が挙げられます。

また、医師の眼瞼下垂という診断があれば保険適用で手術が受けることができます。

近藤サトさんも左目の開きが悪く、日常生活に支障があったようです。

私は、毎日が快適に過ごせる手段があれば眼瞼下垂手術のように、やっていくのは良いことだと思っています。

それが上手に歳を重ねていく方法のひとつだと考えていますから。

以上が、近藤サトが眼瞼下垂手術を受けていた!についてでした。

●眼瞼下垂による体に起こる症状は?

眼瞼下垂による体に起こる症状としては、肩凝りや首の凝り等が挙げられます。

実は私も40歳を過ぎたころから、肩凝りや首の凝りに悩まされる日々が続きました。

ついでに頭痛がするときもあり、原因がわからず悩ましい日々を過ごしていました。

当時ネットでもかなり検索をし、辿り着いたのが、眼瞼下垂という症状でした。

更に調べると私の場合、重度ではないが当てはまらなくもないという自己診断。

それでも藁にもすがる思いで

「やってみよう!」

と次に病院探しをし、カウンセリングの予約を入れました。

カウンセリング当日、私には眼瞼下垂の診断がおり保険適用での手術がうけられるというのです。

私は迷わず、眼瞼下垂手術の予約を入れ当日を待ちました。

「これで快適な日々が過ごせる!」

という思いで、とても嬉しかったです。

私が受けた眼瞼下垂手術は切らないタイプで、極細の糸で引っ張る手術で15分くらいで終わったと思います。

手術中も看護師さんや先生が声掛けをしてくれていたので、緊張も恐怖感もなく
あっという間でした。

後は塗薬と飲み薬(抗生剤)をもらって帰宅。

もちろん針を通している訳ですから、それなりに腫れます。

私はあまり気にしない人間なので、サングラスはかけずに1週間ほどは伊達メガネで過ごしました。

自分が思うほど人は見ていませんからね(笑)

まだ瞼が腫れている間は目が疲れますが、当然時間と共に楽になってきます。

それはもう視界が広がりました。

無理に目を開けなくても目が開きますからね。

肩凝りや首の凝りも急激にではないですが、改善していったのは確かです。

私はもう大満足でした。

眼瞼下垂手術の費用は、4万円でおつりが3千円弱くらいあった記憶です。

もちろん片目だとこの半分の費用になります。

もし、これを読んでいる方の中で目の開きが悪く、体の不調に悩んでいる方がいらっしゃったら、一度病院で相談されるといいかもしれません。

近藤サトさんの眼瞼下垂の話から、自分の話になってしまい失礼しました。

以上が、眼瞼下垂による体に起こる症状は?についてでした。

●近藤サトのグレイヘアで解放される生き方!

先にも書きましたが、グレイヘアが話題の近藤サトさんです。

正直、テレビのこっち側で観ている私たちはかなり驚きましたね。

一体、近藤サトさんのグレイヘアの理由はどんなものなのでしょうか?

近藤サトさんのグレイヘアの理由を調べてみました。

朝日新聞DIGITALより出典

「若さにしがみつくのはやめた!」

とのことです。

潔いと思います。

私も同年代として理解できる部分もあります。

が、しかし!

近藤サトさんは20代の頃から白髪染めをしていたというのですが、実は白髪(グレイヘア)に関しては個人差がすごくあると思います。

私の同年代の知人・友人を見ると

「前髪かき上げるとヤバい」

「ハーフアップができない」

「たまに1、2本あるかな」

そして私の母親(70代後半)もとうとう

「白髪染めは止めた!」

と白髪解放宣言をしました。

と言っても、年齢の割に白髪は少なくて全体の2割程度ですので、なんとなくグレイヘアです。

80歳目の前でやっと決心をし、白髪の呪縛から解放されたみたいです。

これから考えると、近藤サトさんは40歳前半で白髪染めを止め、グレイヘアになり自由と解放を手に入れたということは、かなりの決断だったと思います。

世の中の風潮として、男性ならばロマングレイという言葉が当てはまり

「渋い」

「かっこいい」

という形容になるのでしょうが、女性の場合どんな言葉があるのでしょうか?

きっとこれから近藤サトさんのように、潔くかっこいい女性が増えていくと思いますので、新しいナイスな言葉が出てくることを期待します。

私個人的に思うことは、女性の部分を捨てたわけではないのですが、女性の柔らかなイメージを保ちつつ、人間としての魅力に自信がある人がグレイヘアを受け入れる(若さにしがみつかない)女性ではないかと考えました。

私は白髪はまだありませんが(たまに1、2本)、どんどん白髪が増えていったとき、一体どんな選択をするのかが自分自身楽しみです。

グレイヘアを選択できるように、人間としての魅力を積み重ねておきたいと思います。

近藤サトさんの場合は、美人だから白髪もかっこよく見えます。

そして私が持つ、近藤サトさんの印象ですが

美脚!

本当に脚がスラっとかっこいいです。

フジテレビアナウンサー時代、バラエティー番組等に出演されることもあった近藤サトさん。

そのときに映った近藤サトさんの脚は、本当に細いというか華奢でびっくりした記憶があります。

グレイヘアと美脚

アンバランスの美という言葉があります。

近藤サトさんは、まさに新しい美の世界を広げたと言っても過言ではないと思っています。

以上が、近藤サトがグレイヘアでグレイヘアで解放される生き方!についてでした。

ヤフーニュースより
https://news.yahoo.co.jp/feature/1120

●他人事だと思っていた20代の頃

まさか!

自分が歳を取るなんて!

20代の頃は想像すらしていませんでした。

それが現在、確実に歳を重ねています。

上記にあるように、眼瞼下垂の出術もそうです。

加齢による瞼の下垂ですね。

いまは白髪はありませんが、いつかその日が来るでしょう。

近藤サトさんのグレイヘア(白髪)はほんの一例です。

そこばかりに目がいくのはどうなんでしょうね?

賛否両論あるようですが、近藤サトさんのように潔くかっこいい女性であり、人間でありたいです。



関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする