ゴーヤは砂糖で苦みが取れるがそこには栄養効果がハンパない!

8月31日は『野菜の日』だそうです。

由来はそのままの語呂合わせですね。

本当に日本はシンプルでわかりやすいです。

ちなみにゴーヤの日は、5月8日で8月5日が裏ゴーヤの日です(沖縄県等が制定)。

そして5月8日~8月5日の間は、沖縄県ではゴーヤのキャンペーンが行われます。

ちょうどゴーヤの収穫時期でもあるので、とても画期的な企画ですね。

その『野菜の日』を記念して、ゴーヤの記事を書きます。

先日、買い物に行くとゴーヤが1本100円で売っていました。

正直あまり買わない野菜なのですが、頭の中でゴーヤチャンプルーが浮かびました。

これは買うしかないと、2本購入。

私の薄い料理履歴の中で、ゴーヤチャンプルーは数回程度です。

しかもかなり昔…。

Cook Dooさんの力をお借りしようかとも考えましたが、結果ミツカンさんに頼ることにしました。

そんな他力本願な私の今回の記事の内容は、ゴーヤは砂糖で苦みが取れる!

ゴーヤの苦みには栄養効果がハンパない!
気になるゴーヤのサバ缶レシピ

以上のことを調べていきます。

それでは、ゴーヤはにがうりじゃないのか?と疑問を持っている人も

いや、ゴーヤはレイシだよと言う人も

最後までお読みいただくと嬉しいです。

ツルレイシ(ゴーヤ)Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/ツルレイシ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク

●ゴーヤは砂糖で苦みが取れる⁉

ゴーヤの苦みには独特なものがあり、きっと好き嫌いが分かれると思います。

そんなゴーヤの苦みが砂糖で取れるというのです。

私は今まで(と言っても数回程度)、切ったゴーヤに塩を振りかけてもみもみして放置していました。

塩でも効果的ですが、砂糖の方が更に苦みが取れるというのです。

そこで私のゴーヤ歴史(浅い)をアップデートしようと、今回は砂糖を振りかけて『もみもみ放置』しました。

切り方は、縦に2つに切り中の白いふわふわしたものと種を取り除く。

そして、薄からず太からずの2mm程度にスライス。

私は30分程度置いてみました(水洗いします)。

その後、卵と厚揚げを加えて(ミツカン追いがつお大さじ3)ゴーヤチャンプルーを作る。
(※ミツカンの追いがつおを使ったゴーヤチャンプルーレシピ参考)

味は…。

うん、確かに苦みがマイルドになっています。

ただ、噛んでるうちに口の中に苦みは残りますが、塩より食べやすいと思いました。

ゴーヤの苦みが好きな人は、塩で軽くもみもみくらいの方が合っているかもしれません。

砂糖と塩という方法もあるようですので、次回はこれでやってみようと思っています。

しかし今回は、ミツカン追いがつおの力でおいしくなった感も否めません。

あまりゴーヤが好きではない娘が食べてくれましたから、まずまずだったのでしょう。

以上が、ゴーヤは砂糖で苦みが取れる⁉についてでした。

ミツカン公式サイト参考
www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/recipe/index.html?id=3622

●ゴーヤの苦みには栄養効果がハンパない!

では、このゴーヤの苦みですが栄養効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

ゴーヤの苦みの栄養効果について調べてみました。

ゴーヤの苦み成分と栄養効果

⦁ モモルディシン(消化を助ける/肝機能を高める/血糖降下作用/血圧コントロール/小腸の働きを活性化/鎮静作用/血液サラサラ)

⦁ チャランチン(血糖降下作用)

⦁ コロソリン酸(  〃   )

⦁ ククルビタシン(Cの場合、抗がん作用効果)

これらがゴーヤの苦み成分と栄養効果です。

いちばん大きいゴーヤの苦み成分の栄養効果は、血糖降下作用と言えますね。

注意したいことは、低血糖になる可能性があるので、くれぐれも食べ過ぎには気を付けましょう。

糖尿病をお持ちの方は服薬があると思いますので、主治医に相談する等が必要ですね。

そして食生活にうまく取り入れたいゴーヤの苦み成分。

その栄養効果は絶大です。

weblioj辞書より
https://www.weblio.jp/content/モモルディシン
ククルビタシンWikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/ククルビタシン

●気になるゴーヤとサバ缶のレシピ

今回、ゴーヤについていろいろ調べていたらゴーヤとサバ缶のレシピを見付けました。

どうしても料理のキャパの狭い私は、ゴーヤにサバ缶とう発想がありませんでした。

こんな私でもゴーヤとサバ缶のレシピを見て、作ってみたいという気持ちになっただけ救いです。

料理ってセンスですよね。

発想力と想像力とでもいうのでしょうか。

それと段取り力ですかね。

冷蔵庫の中を見て料理を決める。

その食材を見てどんなふうに料理するか?

割と発想力と想像力には変な自信があったのですが、どうやらそれは偏ったもののようです。

こうなったらしばらくは発想力と想像力の鍛錬のために、9月は料理強化月間にしましょうか。

もっと頭の柔軟な大人になりたい私です。

ミツカンさんやCook Doさん、ニッスイさんマルハニチロさん等のアドバイスは受けますが!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする